バイナリーオプションのナンピンとは?やり方とメリットデメリットをご紹介!

投稿日更新日

トレーディングビューチャート

こちらでは、難平(ナンピン)と呼ばれる取引の手法をご紹介したいと思います。

絶対的におすすめとはいえない方法ですが、取引の幅を広げる上でもぜひ知ってもらいたい方法です。

  • この記事でわかること
  • ナンピンとは何か
  • やり方とメリットデメリット
  • 実際に取引で使えるのか

難平(ナンピン)とは

難平(ナンピン)とは、負けている方向にもう一度エントリーするという手法です。

例えば、HIGHでエントリーしたのに相場が下がって負けになりそうな場面があるとします。

このときに再度HIGHでエントリーするというのがナンピンです。

負けているのになぜまたその負ける取引をするのかと思うかもしれません。図で確認しながら見ていきましょう。

サイトアイコン

本来は損を小さくする方法

ナンピンは本来、株式やFXといった商品で損を小さくするために使われる手法です。

例えば2,000円で100株買った銘柄が、1,000円に下がったとします。

このときに100株を買い増すれば、合計3,000円で200株買ったことになり、1株当たり150円で勝ったことになります。

ナンピン図解

2,000円で100株買っていたときは1株あたり200円だったので、買い増しをすることで損を小さくすることができます

  • 株やFXでナンピンを使うと
  • ① 2,000円で100株 = 1株当たり200円
  • ② 1,000円で100株 = 1株当たり100円
  • ① + ② = 3,000円で200株 = 1株当たり150円 ⇒ 損が小さくなる

バイナリーにおけるメリットデメリット

バイナリーオプションの場合は1単位あたりといった損益がないので上でご紹介したようなリスク回避はできません。

そこで、ここからはバイナリーオプションをする上でのメリットとデメリットをご紹介。

ナンピンは使い方次第では大きなメリットにもデメリットにもなる諸刃の剣なんですよ。

ナンピンのメリット

バイナリーにおけるナンピンのメリットは、負けを取り戻せるという点にあります。

バイナリーオプションではしっかり分析をして取引しても、タイミングなどで負けるときもありますよね。

上昇トレンドのときに判定時間だけ価格が下がって負けるなど。

そういったときはこの方法を使えば負けを取り戻すことができるので、この手法をときどき使うという方も割といるんです。

ナンピンのデメリット

対するデメリットはみなさんもお察しの通り、2回目も負けてしまう可能性があるという点です。

ナンピンをしてうまくハマらないと、もう一度負けることになり損が大きくなってしまいます。

この理由からナンピンはバイナリーオプションには向かない、すべきではないという声が多いんです。

またほとんどのバイナリーオプション業者は、ペイアウト率を2倍以下に設定しているので、2回目の取引で勝っても完全に負けを取り返すことはできないんです。

ハイローオーストラリアのナンピン

成功しても-750円の画面

こちらでナンピンをご紹介していますが、個人的にもあまりお勧めできません。損の可能性はできるだけなくしたい方なので。

サイトアイコン

ナンピンをする場合とポイント

上でナンピンはあまりお勧めできないとご紹介しましたが、それでも勝てる瞬間があるというのは確かです。

ここからは、その勝てる瞬間を見分ける方法とポイントをご紹介します。

トレンドが強い

1つ目のナンピンが狙える場面は、トレンドが強いときです。

相場はどんなに強いトレンドでも価格を上げ下げしながら動くので、自信をもってエントリーをしても負けるときがあります。

しかしトレンドが強い場合はその方向にしっかりと向かっていくので、ナンピンで取り返すことができます。

ちなみにトレンドの見方は移動平均線を見る方法がおすすめ。

トレーディングビューチャート

25日平均線を引いたチャート

長期移動平均線を引いて、その平均線よりローソク足が上にあるときは上昇トレンドが強いです。

反対に平均線よりローソク足が下にあるときは下降トレンドが強いことを意味します。

逆張りのサインが出ている

2つ目のナンピンが狙える場面は、逆張りのサインが出ているときです。

逆張りのサインにはいろいろなものがありますが、RSIやボリンジャーバンドといったオシレーターがおすすめ。

トレーディングビューチャート

こちらはRSIが30%というラインに達したときですが、ラインに触れると反対方向に相場が動くというサインです。

トレーディングビューチャート

つまり価格が下がっているときに、もう一度HIGHでエントリーするナンピンが使いやすいポイントを教えてくれるツールですね。

まとめ

今回はナンピンについてご紹介しましたがいかがだったでしょうか。

使いようによっては勝てる方法ですが、負けも一気に大きくなる諸刃の剣です。

そのため、負けを取り戻そうとして安易にナンピンをすることだけはやめて下さいね!やってしまいそうになりますがガマンです。

サイトアイコン

勝率の高い攻略記事を公開中!

ハイローオーストラリアの業者情報

ハイローオーストラリアトップ

ハイローオーストラリアとは、運営歴が10年を超える海外バイナリーオプション業者です。この業者の魅力は業界で最も高い最大ペイアウト2.20倍。また出金手数料が無料なのはこの業者だけですよ。

損益合計+1,245,750円

この業者で稼げる攻略法

ザオプションの業者情報

ザオプショントップ

ザオプションとは、2017年に営業を開始した今人気が急上昇中の業者です。ザオプションの魅力は豊富なキャンペーンとキャッシュバック。また独自で開発している分析ツールも魅力のひとつです。

損益合計+542,500円

この業者で稼げる攻略法

ファイブスターズマーケッツの業者情報

ファイブスターズマーケッツは、2013年にサービスを開始した業者です。土日に取引できたり、ここだけのユニークな取引方法やツールがあるため、ファイブスターズマーケッツを選ぶ人も多いです。

損益合計+321,100円

この業者で稼げる情報

TRADE200の業者情報

トレード200とは、2014年にサービスを開始した海外バイナリーオプション業者です。この業者ではいろいろな決済方法に対応しており、コンビニからでも入金できます。経済指標が見られる唯一の業者。

損益合計 検証中

この業者で稼げる情報

ソニックオプションの業者情報

ソニックオプションとは、2014年にサービスを開始した海外バイナリーオプション業者です。この業者は最大ペイアウトが2.02倍と高く、ローソク足を見ながら取引できるのが魅力の業者です。

損益合計 検証中

この業者で稼げる情報