ザオプションの使い方と取引方法を徹底解説!

投稿日更新日
この記事の内容
・ ザオプションの取引方法の違いを説明
・ ザオプション使い方をくわしく解説!

バイナリーオプションの中でも、かなり人気の業者ザオプション(theoption)

こちらでは、theoption(ザオプション)の「使い方」と「取引方法」についてご紹介したいと思います。

ザオプションを利用したことはない方はもちろん、使ったことがあるという方にもぜひチェックしてほしい内容です。

theoption(ザオプション)とは?

ザオプションロゴ

theoption(ザオプション)とは、バイナリーオプションの取引ができる海外業者の1つです。

ザオプションの魅力は、業界でも高いペイアウト率と、便利な分析ツールである「デスクトップアプリ」を提供している点にあります。

また厳格な資金管理の体制や、迅速な出金にも対応する点にも信頼がおけます

無料で始められるデモ取引もあるので、初心者にもおすすめの業者です。

ザオプションの4つの取引方法

ザオプションには『HIGH/LOW 』『スプレッドHIGH/LOW 』『短期』『スプレッド短期』という4つの取引方法があります。

これらの取引方法の違いは、取引できる商品の種類と取引時間です。

それではひとつひとつそれらの違いを見ていきましょう。

① HIGH/LOW

『HIGH/LOW』とは、ザオプションにある基本的なバイナリーオプション取引です。

日本円やドルといった外貨取引(FX)やゴールドといった先物商品など、17種類の銘柄が取引できます。

取引時間に関しては「15分」「1時間」「1日」単位で、判定時間が設けられています。

ペイアウト率は「1.82倍」です。

    判定時間とは、取引が終了する時間です。例えば、同じ銘柄でも、15分取引では、19:00にエントリー開始、19:15(判定時間)に終了。1時間取引では、19:00にエントリー開始、20:00(判定時間)と様々な時間があります。

② スプレッドHIGH/LOW

『スプレッドHIGH/LOW』とは、HIGH/LOW取引に「スプレッド」を設けた取引方法です。

ハイロー取引と同じく、取引時間には「15分」「1時間」「1日」が、設定されています。

取引銘柄も『HIGH/LOW』とほぼ同じ16種類。

スプレッドがあるため、ペイアウトは高めの「2倍」となっています。

③ 短期

『短期』とは『HIGH/LOW』や『スプレッドHIGH/LOW』よりも短い時間で取引する方法です。

その時間は「60秒」から「2分」「3分」「5分」、そして最短では「30秒」で取引できるものもあります。

取引種類は、ハイロー取引よりも少し少ない15種類。ペイアウト率は「1.83倍」です。

④ スプレッド短期

『スプレッド短期』とは、『短期』と同じく「30秒」「60秒」「2分」「3分」「5分」の時間が設けられている取引方法です。

取引できる銘柄は『短期』と同じく15種類。

スプレッドがあるため、ペイアウトは高めの「2倍」が設定されています。

スプレッドとは?

ザオプションには、『スプレッドHIGH/LOW』や『スプレッド短期』というように、”スプレッド”と呼ばれる取引方法があります。

このスプレッドとは、一般に「買い値と売値の差額」をいいますが、バイナリーオプションで使用されるスプレッドは「取引が成功しない範囲」をいいます。

ザオプションロゴ

こちらの画像を見て下さい。

エントリーしたポイントよりも少し高い位置から、利益が確定する範囲(緑)がでているのがわかると思います。

これはつまりHIGHでエントリーしていればスプレッドより上、Lowでエントリーしていればスプレッドより下の価格で終了しなければ、利益が得られないというものです。

通常の取引であれば、入ったときの価格から「1円でも予想した価格より上もしくは下」にあれば取引が成立しますよね。

つまりスプレッド取引は、『HIGH/LOW』や『短期』よりも、難しい取引と言えます。

ではなぜ、こんな難しい取引を行うかというと、ペイアウトが高いからです

スプレッドは買い値と売値の差額(範囲)なので、価格が一気にその範囲を超えてしまえば大きな利益となるわけです。

そのため、価格変動が大きい相場、これから大きく価格を上下させると分かっている相場があるときに、ぜひ行ってもらいたい取引です。

ザオプションの取引画面と取引手順

それでは、ここからは具体的な取引手順を説明していきたいと思います。

こちらがザオプションの取引画面です。

ザオプションで取引を行うには、①「取引方法の選択」②「銘柄の選択」③「取引時間の選択」④「購入価格とハイローの選択」を行います。

① 取引方法の選択

ザオプション取引画面

取引を行うにあたって、まず始めにやることは「取引方法の選択」です。

『HIGH/LOW』『スプレッドHIGH/LOW』『短期』『スプレッド短期』の取引方法から1つを選択しましょう。

② 取引銘柄の選択

ザオプション取引画面

取引方法を選択したら、次は「取引銘柄を選択」します。

メニューから「FX」「商品先物」「株価指数」を選び、下に表示される銘柄をクリックしましょう。

③ 取引時間の選択

ザオプション取引画面

取引方法、取引銘柄を選択したら、次は「取引時間を選択」します。

ハイロー取引の場合は「判定時間」、短期取引なら「取引時間」をリストから選択します。

④ 投資金額とハイ・ローの選択

ザオプション取引画面

最後にチャートや価格を見ながら、取引を行います。

取引したい銘柄、時間を再度確認した上で、ボックスに金額を入力しましょう。

そして、「High」もしくは「Low」を選択し「購入」をクリックします。

あとは、指定した時間で結果を待つのみです!

キャッシュバックキャンペーン実施中!

ザオプションには、「合計10,000円のキャッシュバックを貰える」というキャンペーンを実施中!

このキャンペーンでは、口座開設して入金すると5,000円、そしてそこから10回取引するとさらに5,000円貰えるというもの。

例えば、最低取引額1,000円で取引をするなら、「10回取引して1回でも勝てば得をする」というキャンペーン

しかも出金条件無し。こんな好条件なかなかありませんよ!

キャンペーンの内容はこちらで詳しく解説しているので、ぜひチェックしてみて下さい。

\ 入金 + 取引10回で1万円のキャッシュバック /無料口座開設はこちら
最新投稿記事!
おすすめ記事!

バイナリーオプション業者比較ランキング

1位HighLow Australia【ハイローオーストラリア】
出金検証済みハイローオーストラリア
総合評価最低入金額25 / 25最低取引額23 / 25
94/ 100点5,000円1,000円
ペイアウト率23 / 25便利ツール23 / 25
最大2倍デモ取引

ペイアウト2倍で取引できる「ハイロースプレッド」や、最短30秒で取引できる「Turbo スプレッド」が一番人気。リターンの高い取引でも、最低入金額5,000円から始められるので、他社より安いコストで利益を得るチャンスがあります。また最短翌日での入出金の対応により、海外バイナリーオプション業者の中で「最も信頼できる海外業者」として知られています。

2位theoption【ザオプション】
出金検証済みザオプション
総合評価最低入金額25/ 25最低取引額23 / 25
92/ 100点5,000円1,000円
ペイアウト率23 / 25便利ツール21 / 25
最大2倍デスクトップアプリ

ザオプションでは、他の業者にはない『デスクトップアプリ』があります。これはMT4を使わなくてもアプリ内でチャートを表示する事が出来、分析が出来る便利なツールです。また、他のツールを用意しなくて良いという事は初心者も参入しやすい!

3位Five Stars Markets【ファイブスターズマーケッツ】
出金検証済みファイブスターズマーケッツ
総合評価最低入金額20 / 25最低取引額24 / 25
91/ 100点10,000円500円
ペイアウト率25 / 25便利ツール22 / 25
最大3.22倍オートチャーティスト

FIVE STARS MARKETSのクイック出金では、正午12時までに申請を行えば、当日中に出金の受取が行えます!12時以降でも翌営業日には着金が確認でき、また日本国内の決済会社からの振込なので安心です。

4位TRADE200【トレード200】
出金検証済みTRADE200
総合評価最低入金額19 / 25最低取引額25 / 25
88/ 100点20,000円200円
ペイアウト率23 / 25便利ツール21 / 25
最大2倍経済指標

業界で最も安い200円からの取引が可能!RETURN200では、ペイアウト2倍の取引が行え、低コストでコツコツ稼ぐもあり、一気にハイリターンを狙うもありの業者!また、仮想通貨による入金を初めて開始したことでも有名です。

5位SONIC OPTION【ソニックオプション】
出金検証済みソニックオプション
総合評価最低入金額19 / 25最低取引額24 / 25
86/ 100点20,000円500円
ペイアウト率24 / 25便利ツール19 / 25
最大2.02倍ローソク足

業界でも高水準の「ペイアウト2.02倍」で取引ができる!「コンビニ決済」や「ビットコイン決済」にも対応し、初回入金には60%のボーナスもつく!

最も見られている記事ランキング!