FOMCが決定する政策金利とは?これが分かれば相場が手に取るように読める!

投稿日更新日

パウエル議長

こちらでは、為替に大きな影響を与えるFOMCと政策金利とは何かをご紹介しています。

毎回ニュースでも大きく取り上げられる重要度がかなり高い情報。

バイナリーオプションで勝率を上げるためにも、この2つをしっかり学んでおきましょう。

  • この記事でわかること
  • FOMC、政策金利とは
  • 政策金利の仕組み
  • 政策金利の為替への影響

FOMCとは?

エクルズビル

FOMCとは、Federea Open Markt Committee(連邦公開市場委員会)の略で、アメリカの金融政策を決定する会合のことです。

FRB(連邦準備制度理事会)という理事会が定期的に開く会合のことで、FRBの理事と連邦準備銀行の総裁5人が出席。

FOMCで話し合われた内容は、世界経済に大きな影響を与えるので、会議の後に発表される声明文やパウエルFRB議長の会見には世界中のトレーダーが注目しています。

  • POINT
  • FOMCとは、アメリカ金融政策を決定する会合
  • 話し合われた内容は、世界経済に大きな影響を与える

FOMCが開催される時期

FOMCは年に8回2日間にかけて開催されます。

こちらで、2019年の開催日程をまとめてみたので、チェックしておきましょう。

開催日程声明発表時刻FRB議長会見議事録公開日
1月29日-30日AM4:00×2月20日
3月19日-20日AM3:004月10日
4月30日-5月1日AM3:00×5月22日
6月18日-19日AM3:007月10日
7月30日-31日AM3:00×8月21日
9月17日-18日AM3:0010月9日
10月29日-30日AM3:00×11月20日
12月10日-11日AM4:001月1日

FOMCの会合の後は必ず声明文が発表され、発表される時刻は会合翌日の午前3時 or 4時(日本時間)となっています。

また四半期末(3月、6月、9月、12月)には、FRB議長の記者会見が行われますが、この議長の発言によっても相場が大きく動くのでチェックが必要です。

パウエル議長

第16代FRBパウエル議長

政策金利とは?

FOMCではいろいろな話が行われますが、基本的に話の焦点となっているのは「政策金利」です。

政策金利とは、中央銀行が一般の金融機関に貸し付けるときの金利(利子)のこと。企業や個人の投資や消費に大きな影響を与える。

利上げ(利下げ)とは、中央銀行が政策金利を引き上げる(引き下げる)こと。その国におけるお金の貸し借りでおきる利子の「%」を上げる(下げる)というもの。

FOMCでは、現在の経済状況を見ながら今後どういった政策金利を設定すべきか話し合います。

FOMC会議

そして、利上げをする場合は決定事項を、しない場合はその理由の説明をその他の経済状況の報告とともに行います。

  • POINT
  • 政策金利とは、中央銀行が民間銀行に貸し付けるときの金利(利子)
  • 利上げ(利下げ)とは、中央銀行が政策金利を引き上げる(引き下げる)こと

政策金利の目的

ここでは、FOMCで話し合われる政策金利がなぜ相場に影響を与えるか、その目的を見ながら解説していきたいと思います。

まず政策金利の目的は、金融引き締めや金融緩和といった経済の調整にあります。

例えば政策金利の話し合いの中で、政府が利上げ(= 金利を上げる)を行うと決めるとします。

するとこれにより、お金を借りたとき支払う利子や、ローンなどの利子が増えるので、わたしたちは投資や消費を少なくしようとするので、景気が悪くなっていくんです。

利子と株価収益率のグラフ

利率(赤)と株価収益率(黒)

反対に利下げ(= 金利を下げる)をすると決定すると、資金が借りやすくなり、利子の支払いも減るので、投資や消費が増えるようになります。

  • POINT
  • 利上げとなる(= 金利が上がる)と投資や消費が減る
  • 利下げとなる(= 金利が下がる)と投資や消費が増える

利上げをする理由

金利を下げることで投資や消費を促す利下げはまだわかりますが、ではなぜ景気を悪くするような利上げは必要なのでしょうか?

それには、日本も以前経験したことのある「バブル」を引き起こさないためといった目的があります。

というのも、景気は良ければいいというものではなく、いい景気が続きすぎると必ずバブルというものがやってきます。

日経平均

バブル崩壊後の日経平均(日経より)

バブルがはじけると経済は混乱し、とくに経済大国であるアメリカでバブルがはじけるとなると世界に大きな影響を及ぼすことは間違いありません。

そのため、利上げは「これ以上景気が良くなってバブルになることを防ぐ」という施策であり、金融引き締めという明確な目的があるんです。

  • POINT
  • 利上げは、バブルを防ぐために行われる施策

FOMCが為替に与える影響

ここからは、FOMCで話し合う政策金利が相場にどのような影響を与えるかをご紹介します。

ここで注目してもらいたいのは、政府が利上げをするか、利下げをするかで相場が動く方向が決まってくるという点です。

利上げは買いのサイン

初めに、利上げを政府が発表すると、その国の通貨が買われるといった傾向があります。

では、なぜ利上げを発表した国の通貨が買われるかというと、預金することで貰える利子も同じく上がるからです。

例えば、アメリカが利上げを発表すると、アメリカの銀行に預けているお金の利子も上昇します。

すると、アメリカで預金をしておけばお得という考えが生まれ、ドルを持っておこうとドルを買う人が多く現れます。

トレーディングビューチャート

利上げが発表されてからの値動き

これが、利上げが行われた国の通貨が買われる仕組みです。

利下げは売りのサイン

反対に、利下げが発表されると、その国の通貨が売られるという特徴があります。

利下げをするということは、政府が投資や消費をもっと増やしたいと考えており、つまり経済があまりいい状態ではないということとなります。

日本で言えば、日銀が「マイナス金利」といった、積極的な金融緩和(投資や消費を増やす施策)がとられていますよね。

トレーディングビューチャート

マイナス金利が発表された日のUSD/JPY

利下げを発表するようなときは、景気が転換していると考える人たちが増え、その国の通貨が売られるようになるんです。

(しかし利上げ、利下げは絶対的なものではなく、2016年1月29日に発表された日本のマイナス金利はその後円高が進み、日銀の狙いとは反対の結果となっています。)

  • POINT
  • 利上げは、利上げ国の通貨の買いサイン
  • 利下げは、利下げ国の通貨の売りサイン

FOMCで相場を読む方法

FOMCの後は経済や利上げに関する声明文が発表されるので、その声明文をもとに相場の動きを予想します。

と簡単に言ってしまいましたが、声明から相場の動きを読み解くにはかなりの相場と経済に関する知識が必要です。

そのため、ここでは経済に詳しくない方でもできる2つの方法をご紹介します。

① ニュースをチェックする

バイナリーオプションでFOMCを攻略するなら、ニュースなどでFOMCの解釈をチェックして、その方向に順張りを行うようにしましょう。

例えば、2019年6月13日に行われたFOMCの声明文(14日発表)には、「辛抱強く」という文言が削除されたという報道がありました。

Bloomberg見出し

Bloombergより引用

これは投資家たちからすると「利下げを示唆する内容」として取られるとのことで、米ドルが大きく売られる結果となります。

トレーディングビューチャート

FOMCの声明が発表されてからの値動き

このときニュースをチェックしておけば「利下げを示唆」というキーワードに反応することができ、そこでUSD/JPYのLOWでエントリーすることができるんです。

そのため、FOMCで取引するときは、経済ニュースをしっかりチェックして、利上げ、利下げという言葉に敏感になるようにしましょう。

② 経済指標をチェックする

声明文を分析するほかに、直接利上げの数値をチェックして取引するという方法もあります。

その方法は、経済指標を発表しているサイトで政策金利の利率が上がるか、下がるかをチェックするというもの。

みんかぶ経済指標

利率を発表した経済指標

こちらは「みんかぶ」という経済指標を発表しているサイトですが、このように利上げあるかないかの予想が事前に発表されています。

そして、この情報をもとに利上げがある場合はHIGH、利下げがある場合はLOWで取引すれば、高い確率で勝つことができるんです。

ハイローオーストラリア取引画面

こちらは、2018年12月に利上げがあったときにバイナリーオプションをしたときの画像です。

発表された時刻に、大きく価格がいっきに上昇しているのがわかると思います。(ペイアウト2倍で取引したので、10,000円ゲットです。)

  • POINT
  • ニュースをチェックをかかさずに
  • 経済指標の利率もチェック

まとめ

こちらでは、FOMCと政策金利に関してまとめてみましたが、いかがだったでしょうか。

FOMCは2月に1回という頻度で行われますが、いつも相場を大きく動かす重大イベントです。

FOMCを狙うときは、今回ご紹介した利上げ、利下げを意識して取引をするようにして下さい!

端末ごとハイローアイコン

まずはデモで勝てるか見てみよう!

バイナリーなんて勝てない。もしあなたに投資の才能があればこの考えはもったいない!そこでまずはデモを使って無料で取引をしてみませんか?眠っている稼ぐ能力あるかもしれませんよ! 詳しくはこちら

検索フラットアイコン

勝っている人が使っている攻略法!

こちらでは、バイナリーオプションで勝っている人が必ずといっていいほど使っている攻略法をご紹介。テクニカル分析から、ツールを使わない方法までいろいろな攻略法を比較しています! 詳しくはこちら

最新投稿記事!
おすすめ記事!

バイナリーオプション業者比較ランキング

1位HighLow Australia【ハイローオーストラリア】
出金検証済みハイローオーストラリア
総合評価最低入金額25 / 25最低取引額23 / 25
94/ 100点5,000円1,000円
ペイアウト率23 / 25便利ツール23 / 25
最大2倍デモ取引

ペイアウト2倍で取引できる「ハイロースプレッド」や、最短30秒で取引できる「Turbo スプレッド」が一番人気。リターンの高い取引でも、最低入金額5,000円から始められるので、他社より安いコストで利益を得るチャンスがあります。また最短翌日での入出金の対応により、海外バイナリーオプション業者の中で「最も信頼できる海外業者」として知られています。

2位theoption【ザオプション】
出金検証済みザオプション
総合評価最低入金額25/ 25最低取引額23 / 25
92/ 100点5,000円1,000円
ペイアウト率23 / 25便利ツール21 / 25
最大2倍デスクトップアプリ

ザオプションでは、他の業者にはない『デスクトップアプリ』があります。これはMT4を使わなくてもアプリ内でチャートを表示する事が出来、分析が出来る便利なツールです。また、他のツールを用意しなくて良いという事は初心者も参入しやすい!

3位Five Stars Markets【ファイブスターズマーケッツ】
出金検証済みファイブスターズマーケッツ
総合評価最低入金額20 / 25最低取引額24 / 25
91/ 100点10,000円500円
ペイアウト率25 / 25便利ツール22 / 25
最大3.22倍オートチャーティスト

FIVE STARS MARKETSのクイック出金では、正午12時までに申請を行えば、当日中に出金の受取が行えます!12時以降でも翌営業日には着金が確認でき、また日本国内の決済会社からの振込なので安心です。

4位TRADE200【トレード200】
出金検証済みTRADE200
総合評価最低入金額19 / 25最低取引額25 / 25
88/ 100点20,000円200円
ペイアウト率23 / 25便利ツール21 / 25
最大2倍経済指標

業界で最も安い200円からの取引が可能!RETURN200では、ペイアウト2倍の取引が行え、低コストでコツコツ稼ぐもあり、一気にハイリターンを狙うもありの業者!また、仮想通貨による入金を初めて開始したことでも有名です。

5位SONIC OPTION【ソニックオプション】
出金検証済みソニックオプション
総合評価最低入金額19 / 25最低取引額24 / 25
86/ 100点20,000円500円
ペイアウト率24 / 25便利ツール19 / 25
最大2.02倍ローソク足

業界でも高水準の「ペイアウト2.02倍」で取引ができる!「コンビニ決済」や「ビットコイン決済」にも対応し、初回入金には60%のボーナスもつく!

最も見られている記事ランキング!