バイナリーオプションはMACDで勝率が上がる?MT4の設定方法や攻略法を紹介!

投稿日更新日

トレーディングビューチャート

バイナリーオプションで勝率を上げるには相場を分析する必要があります。

その相場の分析にはテクニカル分析という手法を使うのが一般的で、テクニカル指標といった分析ツールを見ながら相場を分析していきます。

しかし分析ツールにも様々な種類があるので、バイナリーオプションを始めたばかりの方はどれを使って良いか悩みますよね。

そこで今回は、テクニカル分析の中でも初心者向けといわれるMACDをご紹介したいと思います。

  • この記事でわかること
  • MACDの見方とMT4での設定方法
  • MACDを使って攻略する方法

MACDとは?

MACDとは「Moving Average Convergence Divergence」の略で、日本語では「移動平均収束拡散手法」や「マックディー」ともいわれる分析ツールです。

シグナルと0ラインと呼ばれる3本の線をみることで、売買のタイミングを掴むことができます

MACDとは

① MACDライン

2本の移動平均線から平均値を計算して引かれる線で、現在の為替の動きに影響されやすい。一般的に、12日か26日を使用します。

② シグナルライン

上の画像でいうと赤い線がシグナルライン。一般的に9日で設定します。

③ 0ライン

MACDの中央に引かれている線で、上昇傾向の相場か、下落傾向の相場かを判断するための基準となる線。

MACDで何がわかる?

早速MACDの見方を解説といいたいところですが、まずはMACDで何がわかるかを見ていきましょう。

先ほど、MACDを見れば「売買のタイミングを掴める」といいましたが、さらに詳しくいえば、以下の3つのことがMACDからわかります。

① 売買のタイミング

② トレンドの強さ

③ トレンドが転換するポイント

MACDの見方①:売買のタイミングを見る

それでは、ここからはMACDの見方を詳しく見ていきましょう。

まずは、「MACDライン」「シグナルライン」を使って、売買のタイミングを見る方法をご紹介。

MACDは、MACDラインがシグナルラインを「上から抜いているか、下から抜いているか」を見て、買いシグナルか売りシグナルかを判断します。

MACDは移動平均線と似ており、2つの線のどちらが強いのかを見ることで、簡単に相場の分析することができるのが特徴です。

MACD買いシグナル

上の画像を見て下さい。

こちらでは、MACDラインがシグナルラインを「下から上に突き抜けている」のがわかると思います。

ちなみにこのクロスするポイントを「ゴールデンクロス」といったりしますが、「HIGH」でエントリーする「買いサイン」です。

MACD売りシグナル

その反対に、MACDラインがシグナルラインを「上から下に抜けている」ときは、「デッドクロス」と呼ばれる「売りサイン」となります。

このサインを見つけたときは、「LOW」でエントリーしましょう。

MACDラインが、シグナルラインを「上に突き抜ける」⇒ HIGH!

MACDラインが、シグナルラインを「下に突き抜ける」⇒ LOW!

MACDの見方②:トレンドの強さを見る

MACDは、トレンドフォロー型(トレンドの向きに沿って取引する)チャートといわれており、トレンドが出ているときは信頼度が高く、逆にトレンドが出ていないときは信頼度が低いとされています。

ではどうやって「トレンド」を見分けるかというと、中心に引かれている「0ライン」と呼ばれる線を見ることです。

0line

この0ラインでは、そのトレンドが強気相場なのか、弱気相場なのかを見ることができ、相場のトレンドを判断することができます。

強気相場の時

MACD強気相場

MACDラインが0ラインより上に表示されていれば、強気相場だといわれています。

また、MACDラインが0ラインから、大きく上に離れる(距離が長い)ほど、かなり強い相場といえるので、思い切ってHIGHでエントリーしましょう。

2本の線が、0ラインより大きく上にある ⇒ HIGH!

弱気相場の時

MACD弱気相場

MACDラインが0ラインより下に表示されていれば、弱気相場だとだといわれています。

強気相場と同じく、MACDラインが0ラインから、大きく下に離れる(距離が長い)ほど、かなり弱い相場といえるので、思い切ってLOWでエントリーして下さい。

2本の線が、0ラインより大きく下にある ⇒ LOW!

MACDの見方③:トレンドの転換点を見る

最後に、MACDを使ってトレンドの転換点を見てみましょう。

MACDには、2本の平均線ありますが、これらの線が0のラインをまたぐと「トレンドの転換」が起こります。

MACD

上の画像を見てください。

MACDとシグナルラインが0のラインを下から上にまたいだとき、相場が大きく上昇したのがわかると思います。

このように、2本の線が0のラインを下から上にまたぐと「上昇トレンド」、上から下にまたぐと「下降トレンド」への転換を表します。

2本の線が、0ラインを「またいで上に突き抜ける」⇒ HIGH!

2本の線が、0ラインを「またいで上に突き抜ける」⇒ LOW!

MT4で設定する方法

MACDは「MT4(Meta Trader4)」や「トレーディングビュー」といった指標チャートに導入されているツールです。

こちらでは「MT4」でMACDを設定する方法を見ていきたいと思います。

MACDMT4設定画面

MT4を開くと上の画面が表示されます。

上のメニューから「挿入」⇒「インジケーター」⇒「オシレーター」⇒「MACD」を選んでください。

MACD設定画面

MACDを選んだら、上の画像のような画面が表示されます。

何も変更せずにそのまま「OK」を選択してください。

MACD画面

「OK」をクリックしたら、チャートの下にサブウインドウとしてMACDが表示します。

MACDをライン表示する方法

macd画面

MACDラインは、上の画像を見て頂くとわかるように「ヒストグラム」という白いグラフがデフォルトで表示されます。

ヒストグラムでも分析は行えますが、こちらではラインを使ったMACDの見方をご紹介したので、ここではヒストグラムをMACDラインに変更しましょう。

macd画面

ライン表示をする方法は「表示」⇒「ナビゲーター」を選んでください。

選ぶと、画面左側にずらっとフォルダが並んでいるので、その中から「MACD」を右クリックしてください。

macd画面

「MACD」を右クリックすると、上の画像のようなウィンドウが表示されるので「修正」を選択してください。

macd画面

「修正」をクリックすると上のような画像が表示されるので、青い枠の中にある『SetIndexStyle(0,DRAW_HISTOGRAM)』を見つけてください。(36行目の文章にあります。)

macd画面

見つけたら「(0,DRAW_HISTOGRAM)」の部分を「(0,DRAW_LINE)」に書き換えます。

そして上の赤枠で囲っている「Compile」をクリックしましょう。

macdライン表示後

これで、グラフからラインに変更されます!

MT5でラインに変更する場合も基本的にMT4と同じですが、いくつか異なる点があります。

順を追って見ていきましょう。

macd画面

まずは、上メニューの「 表示」をクリックします。

そしてリストにある「 ナビゲータ」をクリックしましょう。

macd画面

ナビゲータのバーが下に表示されるので、「 インディケーター」をクリックしましょう。

するとリストが表示されるので「 Examples」をクリックして下さい。

macd画面

続いて、Examplesのリストから「 MACD」を右クリックします。

そして「 変更」をクリックしましょう。

macd画面

すると「Meta Editor」という画面が別タブで表示されます。

この中の14番目のラインにある「 DRAW_HISTGRAM」を「DRAW_LINE」に打ち直します。

macd画面

そして画面上にある「 コンパイル」をクリックして下さい。

macd画面

後は、左のナビゲータにある「 MACD」をクリックすると上の画面が表示されるので「 OK」をクリックして下さい。

macd画面

以上でMT5でのラインへの変更が完了です!

ハイローオーストラリアで取引検証!

ということで、上でご紹介した攻略法を使って実際に「ハイローオーストラリア」で取引をしてみました。

MACD

こちらは5分足チャートです。

MACDを見ていると、2本の線が0ラインをまたいで下に突き抜けようとしていますね。

MACD

なので、トレンドが下に転換すると見て「LOW」でエントリーしました。

時間は少し長めの15分で入っています。

MACD

MACDを見ると、価格がどんどん下がってきているのがわかりますね。

MACD

結果は、それほど大きな下落ではありませんでしたが、しっかり勝つことができました!

15分取引はペイアウトが1.88倍なので、5,000円を投資して9,400円のペイアウトです!

まとめ

MACDは2本の線の動きや方向性を見ることで、売買タイミングやトレンドの転換期などを見ることができます。

他のテクニカル指標『RSI』や『ボリンジャーバンド』等を組み合わせながら分析すると、より勝率が上がりやすいので利益を出しやすいのでおすすめです。

取引する業者は、ペイアウト率2倍で払い戻し額が非常に多く、最低入金額も5,000円と他の業者に比べて安価のハイローオーストラリアがおすすめ。

なので、今からバイナリーオプションを始める方は、ハイローオーストラリアで取引をしてみてはいかがでしょうか?

ハイローオーストラリアで取引してみよう!MACDの威力をためす!
こちらの記事で紹介した業者
ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリアの業者情報!

初期費用は5,000円、しかもペイアウト2倍でとにかく稼げる業者!デモ取引もあるので初心者は練習から始めることができます。出金は翌日に行えるなど対応が素晴らしく、今なら口座開設・初回入金で5,000円のキャッシュバックが貰える!


最新投稿記事!
おすすめ記事!

最新情報


最も見られている記事ランキング!