過去10年間ゴールデンウィークの値動きを比較!GW相場の特徴もご紹介!

投稿日更新日

過去10年間ゴールデンウィークの値動きを比較!GW相場の特徴もご紹介!

こちらは、ゴールデンウィークの相場の動きを比較した記事です。

過去の値動きとを照らし合わせながら、2021年のゴールデンウィークのねらい方をご紹介します。

  • この記事でわかること
  • 過去のゴールデンウィークの値動き
  • 過去から読み取れる相場のパターン

1. ゴールデンウィークの相場の特徴

2021年のゴールデンウィークは5連休。多くの企業やサービスが休みとなりますね。

しかし、為替といった相場に関しては、ゴールデンウィークが日本の祝日ということで通常通り動いています。

5月カレンダー

ただ国内市場が休みということもあって、相場の取引量(流動性)は減少の傾向に。

すなわち、参加者が少ない(流動性が低い)ことで相場が動かなかったり、いきなり価格が大きく変動したりするのがGW相場の特徴です。そしてGWは円高になりやすい傾向があると言われています。

サイトキャラクター

2. 過去10年間の値動きを見てみよう

先ほど伝えましたが、ゴールデンウィークは円高になりやすい傾向があります。

それでは、ここからはゴールデンウィークの過去の10年の値動きを比較して本当に円高になりやすいのか確認してみましょう。

ゴールデンウィークの過去の10年の値動きを比較

2011年~2020年までのゴールデンウィーク直前(4/28頃)とゴールデンウィーク最終日(5/5または5/6頃)のドル円の終値を算出して円高または円安だったかを表にまとめてみました。

過去のデータを見ると2001年~2006年まではゴールデンウィークに円高になっていたのですが、2007年以降は円安の年が多く円高になりやすいと断言は出来なくなってきました。

一概には言えませんが、おそらくその年の為替の傾向によって円高や円安になっているのではないかと感じてます。

そのため直近のゴールデンウィークの動きやその年の為替傾向を参考に2021年の動きを予想したほうがいいですね。

サイトキャラクター

3. 直近3年間の相場の比較と特徴

では直近3年間における米ドル相場の値動きを見てみましょう。

それらの動きを通年のトレンド、ゴールデンウィーク期間中の動きとして表にしてみました。

2020年 2019年 2018年
3月~4月後半 円安 → 円高 円安 → 円高 円安 → 円高
GW期間 円高 円高 円高

直近の3年間を比較してみました。2018年はもみ合い状態でしたが、全体的に見ると円高になってます。そのため過去3年間は円高になっている事が分かりました。

そしてここ2年のデータを見ると2019年、2020年は円安 → 円高(GW円高)と3月~4月後半の動きと同じようにGW中も動く傾向があるのではないと予想出来ます。

サイトキャラクター

4. 2021年のゴールデンウイークの動き予想

それでは、2021年のゴールデンウイークの動き予想してみましょう。

トレーディングビューチャート

こちらは、2021年1月から4月26日までのチャートですが、1月はちょっと停滞していましたが、3月までは上昇してます。そして4月1日から下降してますね。

これはみなさんもご存知、新型コロナウイルスの影響で、2021年は相場が大きく荒れています。

直近2年の動きの傾向であれば、3月と比較して4月は円高傾向がありますが、さきほども言いましたが、新型コロナウイルスなどのゴタゴタで為替が不安定で、例年通りの予想ができない状態になっているんですね。

そのため断言は出来ませんが、2021年はこのままドル円の下降が続き、円高になるのではないかと予想してます。

サイトキャラクター

5. バイナリーをするときのポイント

先ほど2021年の相場は予想がつきにくいとご紹介しましたが、まったく予想できないというわけではありません。

ここでは、ゴールデンウィークにバイナリーオプションをするときのポイントをご紹介したいと思います。

サイトキャラクター

5-1. テクニカル分析を使おう

今年のゴールデンウィークは予想がつきにくいので、しっかりテクニカル分析を行いましょう

テクニカル分析とは、チャートに表示できる指標を使って相場の動きを読み取る方法です。

分析と言えば、難しそうなイメージがありますが、中にはシンプルなものもたくさんあります。

例えば、こちらは25日の移動平均線という指標を引いたチャートです。

トレーディングビューチャート

25日平均線を引いたチャート

この移動平均線では、トレンドの強さや方向がわかります。

例えば、25日移動平均線よりローソク足が離れすぎると、相場が反転するといった特徴があります。

トレーディングビューチャート

GW期間の1時間足チャート

こちらは、過去のゴールデンウィーク相場に25日平均線を引いたものです。

このように移動平均線を引けば、ローソク足がある位置によってどっちにエントリーした方がいいかわかるので、かなりおすすめです。

また移動平均線のほかにも、相場を読み取れるテクニカル分析はたくさんあります。

こちらでテクニカル分析を使った攻略法をご紹介しているので、それらを使ってぜひGWの相場を分析してみて下さい。

サイトキャラクター

5-2. ゴールデンウィークはJPYが取引できない

ちなみにゴールデンウィーク(5連休)の間では、JPYで取引できない業者もあります。

そのときは、EUR/USDのペアで取引をしましょう。

ただひとつ注意してもらいたい点があって、EUR/USDのペアではエントリーする方向がUSD/JPYと反対になります。

そのためUSD/JPYのチャートで価格が上昇していたら、EUR/USDのLOWとなるので注意してください。

サイトキャラクター

稼ぐために読んでおきたい記事

稼げるバイナリーオプション業者と攻略法

こちらでは、当サイトがおすすめする稼げる業者と攻略法をご紹介しています。

ぜひ業者選びの参考にしてみて下さい!

ハイローオーストラリアの業者情報

ハイローオーストラリアトップ

ハイローオーストラリアとは、運営歴が10年を超える海外バイナリーオプション業者です。この業者の魅力は業界で最も高い最大ペイアウト2.30倍。また出金手数料が無料なのはこの業者だけですよ。

損益合計+1,255,450円

この業者で稼げる攻略法

ザオプションの業者情報

ザオプショントップ

ザオプションとは、2017年に営業を開始した今人気が急上昇中の業者です。ザオプションの魅力は豊富なキャンペーンとキャッシュバック。また独自で開発している分析ツールも魅力のひとつです。

損益合計+542,500円

この業者で稼げる攻略法

ゼン・トレーダーの業者情報

ゼントレーダートップ

ゼン・トレーダーとは、2018年に運営を開始したバイナリーオプション業者です。ゼン・トレーダーでは出金手数料が無料だったり、土日でも取引できたりと、他にはないサービスが魅力の業者です。

損益合計+110,500円

ファイブスターズマーケッツの業者情報

ファイブスターズマーケッツは、2013年にサービスを開始した業者です。土日に取引できたり、ここだけのユニークな取引方法やツールがあるため、ファイブスターズマーケッツを選ぶ人も多いです。

損益合計+321,100円

この業者で稼げる情報

TRADE200の業者情報

トレード200とは、2014年にサービスを開始した海外バイナリーオプション業者です。この業者ではいろいろな決済方法に対応しており、コンビニからでも入金できます。経済指標が見られる唯一の業者。

損益合計+90,500円