バイナリーオプションで負ける人がやっている4つの悪手!

投稿日更新日

ハイローオーストラリア取引画面

こちらではバイナリーオプションで負ける人が使っている手法をご紹介しています。

知らず知らずにやってしまう悪手を知ることが、勝率アップに繋がるんです。

  • この記事でわかること
  • 稼ぐとは負けを少なくすること
  • バイナリーで負ける4つの悪手

稼ぐとは負けを少なくすること

バイナリーオプションで稼いでいる人と聞くと、ついバイナリーで勝ちまくる方を想像してしましませんか?

もちろんそれは間違いありませんが、中には勝ちまくると同時に負けまくっている人もいます。

例えば、100勝100敗のAさんと10勝10敗のBさんがいるとします。

負ける人のイメージ

勝率で言えば、AさんとBさんのどちらも50%の勝率です。しかし、実はAさんの方がより多くの損失を出しています。

と言うのも、バイナリーオプションのペイアウト率は、基本的に2.00倍以下が設定されているので、負けの数が多いほど損をする仕組みとなっているからです。

ペイアウト率とは、取引に成功した時に貰える報酬(ペイアウト)の倍率。この倍率が高いほど報酬が大きくなる。

例えば、AさんとBさんがペイアウト1.90倍、1回の取引で10,000円の投資金額で取引をしていたら、以下のような結果となります。

Aさん(10,000 x 0.90)x 100 -(10,000 x 100)= -100,000円

Bさん(10,000 x 0.90)x 10 -(10,000 x 10)= -10,000円

負ける人のイメージ

つまり、バイナリーオプションはいかに負けの割合を減らす or 損失の額を減らすかが、利益を出す秘訣ということになりますね。

サイトアイコン

バイナリーで負ける悪手を知ろう

上でバイナリーオプションで稼ぐコツは、バイナリーオプションで負けないこととご紹介しました。

しかし、どうすれば負けないの思われるかもしれません。その答えは、負けるときに取引をしないということ。

言い換えると、どういった取引をすると負けるかを知ることができれば、損失を回避できます

そこで、ここからはトレーダーが知らず知らずにやってしまう悪手を見ていきましょう。

両建て

バイナリーオプションで負ける手法の1つ目は、両建てです。

両建てとは、買いと売りのポジションを同時に持つという手法で、バイナリーで言えば、同じ通貨ペアと同じ取引時間でHIGHLOWの取引をすることをいいます。

ハイローオーストラリア取引画面

本来この両建ては損失を小さくするため、すなわち負けを取り戻すために使われる方法ですが、しっかり分析ができるという前提があって初めて成り立つ方法です。

ただこの方法は、どちらも負けるというリスクを含んでいます

ハイローオーストラリア取引画面

こちらの取引画面を見て下さい。

1回目の取引はLOWでエントリーしましたが、その後価格が上がったためHIGHでエントリーし直したシーンです。

結果としては相場が上がり切れず、2回目のHIGHも負けてしまっています。

これはバイナリー歴が長い人でもやってしまう手法で、負けを取り戻したいと思うがあまり、つい使ってしまっていることが多いです。

難平(ナンピン)

バイナリーオプションで負ける手法の2つ目は、ナンピンです。

ナンピンとは、負けている方向にもう一度エントリーするという手法をいいます。

例えばHIGHでエントリーして負けそうなときに、もう一度HIGHでエントリーするというのがナンピンです。

ハイローオーストラリアのナンピン

ナンピンは、負けを取り戻すための手法ですが、両建てと同じように2連続で負けるというリスクがあります。

特に1度負けると冷静さを失ってナンピンしてしまい、2回3回と立て続けに負けてしまうことが多いです。

マーチンゲール法

バイナリーオプションの悪手の3つ目は、マーチンゲール法です。

マーチンゲール法とは、負けたら投資額を倍にする投資法をいって、前回の投資金額の2倍以上を掛けて取引をする方法をいいます。

マーチンゲールの計算表

もちろん勝てば前回までの負けを取り戻せますが、負けが続くとダルマ式に損失が大きくなります

マーチンゲールは、やり続けると最終的には資金を取り戻せる方法ですが、多くの場合その前に自己資金が尽きてしまう方が多いです。

そして何よりメンタルを恐ろしく削られます。みなさんは決してマーチンゲール法を使わないようにして下さい。

サイトアイコン

トレンド相場での逆張り

バイナリーで負ける4つ目の悪手は、強いトレンド相場での逆張りです。

トレンド相場とは、同じ方向に価格が動き続ける相場。チャートでは斜め方向に進む形を取る。

逆張りとは、トレンドの流れと反対の方向にエントリーすること。上昇トレンドのときにLOW、下落トレンドのときにHIGH。

トレーディングビューチャート

トレンド相場()とレンジ相場(

この逆張りは、RSIやボリンジャーバンドなどでタイミングやポイントを見ることができます。

しかし、これらの指標でシグナルが出たからといってトレンド相場で逆張りを行ってしまうと、高い確率で負けてしまいます

トレーディングビュー

こちらはボリンジャーバンドというテクニカル指標です。

ボリンジャーバンドは価格が収まる範囲を示しており、バンドに触れると相場が反転するという特徴があります。

トレーディングビュー

しかし、トレンドが強いとバンドに当たっても価格が反発することはありません。

トレーディングビュー

こちらはRSIという指標です。

RSIは30%のライン(点線部分)に当たると跳ね返る特徴がありますが、ここでもトレンドが強すぎて突き抜けてしまっているのがわかりますね。

このように、バイナリーで負ける人は、ボリンジャーバンドやRSIのシグナルが絶対だと思って、トレンド相場で逆張りを狙ってしまうことがあります。

地道に分析が一番の近道

これまでバイナリーオプションで負ける人が使っている手法を4つご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

もしこの中でひとつでも当てはまることがあれば、今すぐ改めるようにして下さい。

バイナリーオプションで稼ぐには負けを減らすこと。そしてそれにはしっかりとした分析と経験が必要です。

言いかえれば、地道な勉強と分析とを行えばちゃんと勝つことができます。

当サイトでは、チャートの見方や指標の見方、分析方法など稼げる情報をご紹介しています。ぜひ色々参考にしてみて下さい。

サイトアイコン

\ 負けない攻略法を厳選して紹介 /

検索フラットアイコン

勝っている人が使っている攻略法!

こちらではバイナリーオプションで勝っている人が必ずといっていいほど使っている攻略法をご紹介しています。テクニカル分析からツールを使わない方法までいろいろな攻略法をまとめていますよ! 詳しくはこちら

ハイローオーストラリアの業者情報

ハイローオーストラリアトップ

ハイローオーストラリアとは、運営歴が10年を超える海外バイナリーオプション業者です。この業者の魅力は業界で最も高い最大ペイアウト2.20倍。また出金手数料が無料なのはこの業者だけですよ。

損益合計+1,245,750円

この業者で稼げる攻略法

ザオプションの業者情報

ザオプショントップ

ザオプションとは、2017年に営業を開始した今人気が急上昇中の業者です。ザオプションの魅力は豊富なキャンペーンとキャッシュバック。また独自で開発している分析ツールも魅力のひとつです。

損益合計+542,500円

この業者で稼げる攻略法

ファイブスターズマーケッツの業者情報

ファイブスターズマーケッツは、2013年にサービスを開始した業者です。土日に取引できたり、ここだけのユニークな取引方法やツールがあるため、ファイブスターズマーケッツを選ぶ人も多いです。

損益合計+321,100円

この業者で稼げる情報

TRADE200の業者情報

トレード200とは、2014年にサービスを開始した海外バイナリーオプション業者です。この業者ではいろいろな決済方法に対応しており、コンビニからでも入金できます。経済指標が見られる唯一の業者。

損益合計 検証中

この業者で稼げる情報

ソニックオプションの業者情報

ソニックオプションとは、2014年にサービスを開始した海外バイナリーオプション業者です。この業者は最大ペイアウトが2.02倍と高く、ローソク足を見ながら取引できるのが魅力の業者です。

損益合計 検証中

この業者で稼げる情報