バイナリーオプションのスプレッドを比較して稼げる業者で取引しよう!

投稿日更新日

スプレッドのイメージ

こちらは、バイナリーオプション業者のスプレッドを比較している記事です。

スプレッドが小さく、かつペイアウトの高い業者をご紹介します。

  • この記事でわかること
  • スプレッドとは
  • どの業者のスプレッドが小さいか
  • どの業者のペイアウトが高いか

1. スプレッドとは

始めにスプレッドとは何かをご紹介します。

スプレッドとは、相場の値段の開き、買値と売値の価格差などを指す言葉です。

例えばFXなどはトレーダー同士が取引をする商品ですが、そのときの仲介をFX業者が行います。

このとき業者は仲介料(手数料)をとりますが、買値と売値に価格差をつけてそれを手数料とします。

FXにおけるスプレッドの仕組み

買値が105円、売値が100円(= スプレッド5円)の場合、買い手は105円を支払い、売り手は100円の貰うので、残りの5円がFX業者の利益となる

1-1. バイナリーオプションの場合

バイナリーオプションの場合、スプレッドは取引が成立しない範囲として設けられています。

つまり、手数料として設けられている価格差を取引ルールに変換したものが、バイナリーオプションのスプレッド取引です。

ハイローオーストラリア取引画面

スプレッド取引ではスプレッドを超える値動き、すなわち価格が大きく動かないと勝つことができません。

そのため難易度が高くなっていますが、その分ペイアウトが他の取引方法より高いというメリットもあります。

ハイローオーストラリア取引画面

HIGHと予想 → 緑の範囲まで上がると勝ち

LOWと予想 → 赤の範囲まで下がると勝ち

スプレッドは取引が成立しない範囲なので、幅は小さいに越したことはありません。なので各業者のスプレッドを比較するのは大事。

サイトキャラ

2. スプレッドを比較しよう

それでは、ここからは各バイナリーオプション業者のスプレッドを比較していきたいと思います。

今回比較する業者は、ハイローオーストラリア、ザオプション、トレード200、ソニックオプションの4つです。

ただ比較しようにも、取引する商品によってスプレッドは変わってくので、今回は主要な通貨ペアであるUSD/JPYにおけるスプレッドとペイアウト率を比較したいと思います。

2-1. 例:USD/JPYの1分取引

具体的な比較方法としては、windows10の[Print Screen SysRq]という機能を使います。

この機能で各業者のリアルタイムの取引画面を同時にスクリーンショットし、スプレッドの大きさを見てみます。

バイナリーオプション業者

数値が見えにくくて申し訳ありませんが、結果としては以下のようになりました。

ハイローオーストラリアロゴ ザオプションロゴ
現在価格 108.702 108.702
ハイ 108.703 108.704
ロー 108.701 108.700
スプレッド ±0.10 ±0.20
トレード200ロゴ ソニックオプションロゴ
現在価格 108.700 108.700
ハイ 108.703 108.703
ロー 108.697 108.697
スプレッド ±0.30 ±0.30

USD/JPYの1分取引のスプレッドを比べてみると、ハイローオーストラリアが±0.10と最も小さいことがわかりました。

2-2. 取引時間ごとのスプレッド比較

続いては取引時間ごとのスプレッドを比較してみましょう。

各業者のドル円における取引時間ごとのスプレッドをまとめたのでぜひ参考にしてみて下さい。

ハイローオーストラリアロゴ ザオプションロゴ
30秒 ±0.10 ±0.10
1分 ±0.10 ±0.20
2分 ±0.30
3分 ±0.20 ±0.40
5分 ±0.30 ±0.50
15分 ±0.30 ±0.30
1時間 ±0.50 ±0.50
1日 ±2.10
トレード200ロゴ ソニックオプションロゴ
30秒 ±0.10
1分 ±0.30 ±0.30
90秒 ±0.60
2分 ±0.30

※ハイフンはその取引時間が業者にないことを表してます。

2-3. ペイアウト率を比較

最後にペイアウト率を比較したいと思います。

スプレッド取引においては、ハイローオーストラリア以外はどの業者も取引時間に関係なく一律のペイアウト率です。

  • 各業者のペイアウト率
  • ハイローオーストラリア → 2.00~2.30倍
  • ザオプション → 2.00倍
  • トレード200 → 2.00倍
  • ソニックオプション → 2.02倍

この中でハイローオーストラリアだけが、2.00倍~2.30倍とかなり高い数値となっています。取引時間によって数値が変わる仕組みです。

サイトキャラ

3. 1番おすすめの業者は?

バイナリーオプション業者のスプレッドとペイアウト率を比較してみましたがいかがだったでしょうか。

今回の比較結果によると、ハイローオーストラリアが最もスプレッドが小さい業者とわかりました。

ハイローオーストラリア

しかも、ペイアウト率は最低2.00倍、最大2.30倍とかなり高い数値となっています。

取引方法 ペイアウト率
スプレッド30秒 2.30倍
スプレッド60秒 2.20倍
スプレッド3分 2.05倍
その他のスプレッド 2.00倍

スプレッド取引は値動きが激しいときやトレンドが強いときにおすすめです。

それらの相場を見かけたら、ハイローオーストラリアのスプレッド取引で取引してみましょう!

ハイローオーストラリアのスプレッドは稼げる!公式サイトはこちら
こちらの記事で紹介した業者
ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリアの業者情報

最大ペイアウト2.3倍でとにかく稼げる業者!無料で使えるデモがあるので初心者も安心。出金手数料無料+翌日出金対応はここだけ!今なら最短5分の無料口座開設で5,000円のキャッシュバックが貰える!

稼ぐために読んでおきたい記事

稼げるバイナリーオプション業者と攻略法

こちらでは、当サイトがおすすめする稼げる業者と攻略法をご紹介しています。

ぜひ業者選びの参考にしてみて下さい!

ハイローオーストラリアの業者情報

ハイローオーストラリアトップ

ハイローオーストラリアとは、運営歴が10年を超える海外バイナリーオプション業者です。この業者の魅力は業界で最も高い最大ペイアウト2.30倍。また出金手数料が無料なのはこの業者だけですよ。

損益合計+1,245,000円

この業者で稼げる攻略法

ザオプションの業者情報

ザオプショントップ

ザオプションとは、2017年に営業を開始した今人気が急上昇中の業者です。ザオプションの魅力は豊富なキャンペーンとキャッシュバック。また独自で開発している分析ツールも魅力のひとつです。

損益合計+542,500円

この業者で稼げる攻略法

ファイブスターズマーケッツの業者情報

ファイブスターズマーケッツは、2013年にサービスを開始した業者です。土日に取引できたり、ここだけのユニークな取引方法やツールがあるため、ファイブスターズマーケッツを選ぶ人も多いです。

損益合計+321,100円

この業者で稼げる情報

ゼン・トレーダーの業者情報

ゼントレーダートップ

ゼン・トレーダーとは、2018年に運営を開始したバイナリーオプション業者です。ゼン・トレーダーでは出金手数料が無料だったり、土日でも取引できたりと、他にはないサービスが魅力の業者です。

損益合計 – 検証中 –

TRADE200の業者情報

トレード200とは、2014年にサービスを開始した海外バイナリーオプション業者です。この業者ではいろいろな決済方法に対応しており、コンビニからでも入金できます。経済指標が見られる唯一の業者。

損益合計+90,500円

ソニックオプションの業者情報

ソニックオプションとは、2014年にサービスを開始した海外バイナリーオプション業者です。この業者は最大ペイアウトが2.02倍と高く、ローソク足を見ながら取引できるのが魅力の業者です。

損益合計+75,000円