ボリンジャーバンドの逆張りがうまくいかない相場とは?

投稿日更新日

トレーディングビュー

こちらはザオプションのデスクトップアプリという分析ツールでボリンジャーバンドの攻略法をためした検証記事です。

ボリンジャーバンドはかなり使えるツールですが、絶対ではないことが今回の検証でわかりました。

  • この記事でわかること
  • ボリンジャーの逆張りが成功しない場面
  • デスクトップアプリの使用感

デスクトップアプリとは

始めに、今回取引で使ったデスクトップアプリについてご紹介します。

デスクトップアプリとは、ザオプションがオリジナルで開発している分析ツールです。

デスクトップアプリ

ザオプションがオリジナルで開発

このツールでは、リアルタイムのチャートを見れたり、インジケーターといったテクニカル指標を表示させたりできます。

また、実際の取引もあわせてできるので、取引画面を切り替えるといった手間をなくしベストなタイミングでエントリーすることができます。

分析だけでなく取引もできるのが魅力。トレンドラインや水平線ラインも引けるのがすごいんです。

サイトキャラ

USD/JPYで攻略スタート

今回は、ドル円(USD/JPY)相場で取引をすることにしました。

ボリンジャーバンドでわかる相場が反転するポイントで逆張りを狙っていきたいと思います

ボリンジャーバンドとは、価格が収まる確率を表した指標。バンド付近に相場が近づくとトレンドが反転するといった特徴がある。

逆張りとは、トレンドとは反対の方向にエントリーすること。価格が上がっていればLOWで入るという手法。

9月11日(水)のドル円相場は、は午前9時ぐらいから円安ドル高が進んでおり、数日前から続いている上昇トレンドの相場となりました。

トレーディングビューチャート

USD/JPYの5分足

  • 9月11日(水)取引内容
  • 取引通貨:USD/JPY
  • 取引時刻:AM9:33、AM9:44
  • 取引方法:HIGH/LOW 5分取引
  • 攻略法:ボリンジャーバンドの逆張り

ボリンジャーバンドで逆張り 1回目

デスクトップアプリ取引画面

始めにデスクトップアプリでボリンジャーバンドを表示させます。

画面右上のインジケーターをクリックするとリストが表示されるのでそこから選択しましょう。

デスクトップアプリ取引画面

インジケーターの設定画面です。

英語ですが標準偏差やゲージの色を変えるところなど他の分析ツールとほとんど同じ。

デスクトップアプリ取引画面

ボリンジャーバンドが表示されましたね。

デスクトップアプリ取引画面

チャートを見ていたら、バンドに差し掛かったので反転のLOWを狙うことにしました。

イメージとしては点線の矢印にチャートが動くと予想しています。(2,000円で取引)

デスクトップアプリ取引画面

こちらはエントリーしたときの時間とレートです。

デスクトップアプリ取引画面

矢印がエントリーした場所ですが、んー価格が上がってしまいましたね。

デスクトップアプリ取引画面

RSIを表示させてみると、買われすぎラインには達しておらず買いが続きそうな動きです。

デスクトップアプリ取引画面

と思っていたところ、価格が下がり始めました!

取引時間が残り数十秒といったときです。

デスクトップアプリ取引画面

結果はこのように勝利!

しかし、分析結果というよりはラッキーという感じが強いですね。

ボリンジャーバンドで逆張り 2回目

デスクトップアプリ取引画面

先ほどは運が良くて勝てましたが、今度はしっかり分析通り勝ちたいということでもう一度挑戦。

チャートをみていると矢印のような動きを見せ始めました。

デスクトップアプリ取引画面

バンドにも差し掛かっていたので、3,000円でまたLOWを狙っていきます。

デスクトップアプリ取引画面

上は今回の取引内容です。

と、ここで大変申し訳ないのですが、エントリーからの値動きの画像を取り忘れてしまいました!

なので↓取引の結果の画面にスキップします。

デスクトップアプリ取引画面

結果としては、相場がバンドを超えつつも反転せずバンドが広がるという形。

勝敗はおもいきりアウトオブザマネーです。

1回目もそうでしたが、ボリンジャーバンドに差し掛かっても反対にバンドを広げていくような相場でした。

ボリンジャーは本来は順張りに使うべきとの声もあります。トレンド相場でのボリンジャー逆張りは失敗でしたね

サイトキャラ

<番外編>移動平均線で順張り

1回目はギリギリ勝てましたが2回目で負けてしまい、2回目の方の投資額を増やしてしまったのでマイナスに。

どうにか負けを取り戻したくて、番外編として最後に移動平均線で順張りを狙うことにしました。

デスクトップアプリ取引画面

チャートに移動平均線を2つ表示させ、エントリーのタイミングを計ります。

ここでは3,000円のHIGHでエントリーしました。

根拠としては、①長期平均線が右肩上がり、②ローソク足が平均線の上にある、③平均線とローソク足が開きすぎていないの3点です。

デスクトップアプリ取引画面

こちらが3回目の取引内容となります。

デスクトップアプリ取引画面

矢印がエントリーしたポイントですが、価格がしっかり上昇してきましたね。

デスクトップアプリ取引画面

結果は見事勝利!5,400円のペイアウトです!

結果:2勝1敗+1,000円

今回の取引は、2勝1敗で+1,000円という結果になりました。

ただひとつラッキーがあったので、本来はマイナスというところでしょう。

今回の検証でボリンジャーバンドは、トレンド相場では順張りのシグナルとしてみるべきだとわかりました。

ボリンジャーバンドで逆張りを狙うならトレンドが横ばいの状態が続くレンジ相場で狙いましょう!

サイトキャラ

こちらの記事で利用した業者
ザオプション

ザオプションの業者情報!

ザオプションは、最低入金額が5,000円と始めやすく、デモ取引もできるので初心者におすすめ。分析ツールデスクトップアプリで分析しながら取引ができる。今なら初回入金 + 取引10回で10,000円のキャッシュバック!

稼ぐために読んでおきたい記事

稼げるバイナリーオプション業者と攻略法

こちらでは、当サイトがおすすめする稼げる業者と攻略法をご紹介しています。

ぜひ業者選びの参考にしてみて下さい!

ハイローオーストラリアの業者情報

ハイローオーストラリアトップ

ハイローオーストラリアとは、運営歴が10年を超える海外バイナリーオプション業者です。この業者の魅力は業界で最も高い最大ペイアウト2.30倍。また出金手数料が無料なのはこの業者だけですよ。

損益合計+1,245,000円

この業者で稼げる攻略法

ザオプションの業者情報

ザオプショントップ

ザオプションとは、2017年に営業を開始した今人気が急上昇中の業者です。ザオプションの魅力は豊富なキャンペーンとキャッシュバック。また独自で開発している分析ツールも魅力のひとつです。

損益合計+542,500円

この業者で稼げる攻略法

ファイブスターズマーケッツの業者情報

ファイブスターズマーケッツは、2013年にサービスを開始した業者です。土日に取引できたり、ここだけのユニークな取引方法やツールがあるため、ファイブスターズマーケッツを選ぶ人も多いです。

損益合計+321,100円

この業者で稼げる情報

ゼン・トレーダーの業者情報

ゼントレーダートップ

ゼン・トレーダーとは、2018年に運営を開始したバイナリーオプション業者です。ゼン・トレーダーでは出金手数料が無料だったり、土日でも取引できたりと、他にはないサービスが魅力の業者です。

損益合計 – 検証中 –

TRADE200の業者情報

トレード200とは、2014年にサービスを開始した海外バイナリーオプション業者です。この業者ではいろいろな決済方法に対応しており、コンビニからでも入金できます。経済指標が見られる唯一の業者。

損益合計+90,500円

ソニックオプションの業者情報

ソニックオプションとは、2014年にサービスを開始した海外バイナリーオプション業者です。この業者は最大ペイアウトが2.02倍と高く、ローソク足を見ながら取引できるのが魅力の業者です。

損益合計+75,000円