年明けは絶好のチャンス!1月3日~5日の経済指標でおもいきり稼げ!

投稿日更新日

いよいよ2019年ですね!

1月4日(金)には一大イベントの雇用統計もあります。

年明け1発目。いい新年を経済指標で迎えましょう!

経済指標とは?

経済指標

経済指標とは、経済を数値化した指標をいいます

為替や株式といった相場は、各国の経済状況に応じて変化します。

つまり経済指標を見れば、相場の動きが読める = 価格の上下が予想しやすくなるということですね。

経済指標

経済指標の見方を覚えよう!

みなさん経済指標はチェックしていますか?経済指標にはいろいろな種類があり、それらの指標によってどの相場に影響が出るか変わってきます。こちらではそんな経済指標をいくつかの種類に分け、その中から注目すべき指標をご紹介しています。バイナリーオプションで勝ちたいなら経済指標の見方は覚えておくべきです!>> 詳しくはこちら!

(↑ 経済指標には色々な種類があるので、詳しく知りたい方はこちらを参考にして下さい。)

経済指標の見方と稼げるポイント

経済指標は、むずかしい指標や数字で書かれているので、ここから相場を予想するのはかなりの知識が必要です。

そこでぜひ参考にしてもらいたいのが「前回の結果」と「発表時の結果」を比べるというテクニック

ではなぜ前回と今回を比べるのかというと「結果 > 前回」だとその国の通貨が買われやすく「結果 < 前回」だと、その国の通貨が売られやすいからです。

    アメリカ関連の経済指標の場合…

    前回:3% 予想:4% 結果:5%

    ⇒ 米ドルが買われる ⇒ USD/JPYで「HIGH」!

    前回:5% 予想:4% 結果:3%

    ⇒ 米ドルが売られる ⇒ USD/JPYで「LOW」!

この法則を利用して、経済指標が発表される時間に、バイナリーオプションを行ってみましょう。

ちなみに相場の動きは、発表後にすぐ上がり下がりするといわれています。

経済指標

↑ こちらの画像を見て下さい。

前回の結果が25万人だったのに対し、今回の結果が15.5万人となっています。さて結果はどうだったのでしょうか?

経済指標

とこのように相場がおもいきり下がって落ちていますよね。

相場がガクッと下がる少し前に「」が見えると思います。

これはあらかじめ下がるとわかっていたため発表時間の前に「LOW」を買っておいたものです。

このように、経済指標が発表される瞬間をねらうのが、経済指標を使ったおすすめ取引方法です!

経済指標を見てみる >> みんかぶFX

1月1週目の為替の動きと予想!

1月3日~5日はアメリカの重要指標が発表されるため、USD/JPYで取引!

ここから稼げる経済指標と、為替予想をまとめていきたいと思います。

1月3日(木):アメリカ・新規失業保険申請件数

    発表時間:2018年1月3日(木)22:30

    前回発表値:21.4万件

    今回予想値:21.6万件

    発表後の値動き予想:USD/JPYで「LOW」

『アメリカ・新規失業保険申請件数』は、失業保険を申請した人の数がわかる指標で、数値が大きいほど景気が悪いと判断されます。

今回の予想は「21.6万件」で、前回の「21.4万件」より上回っているので、USD/JPYの「LOW」をねらいましょう。

1月4日(金):アメリカ・ISM製造業景気指数

    発表時間:2018年1月4日(金)0:00

    前回発表値:-

    今回予想値:-

    発表後の値動き予想:-

『アメリカ・ISM製造業景気指数』は、アメリカの製造業における景気を示す、かなり重要な指標です。

まだ予想値が発表されていないのでわかりませんが、発表される数が59.7以下になると円高(LOW)がすすみます。

また今は円高の傾向があり、55以下もしくは50を切ってしまうと相場はかなり落ち込むことが予想されます。

1月4日(金):アメリカ・雇用統計

    発表時間:2018年1月4日(金)22:30

    前回発表値:15.5万人

    今回予想値:18.4万人

    発表後の値動き予想:-

『アメリカ・雇用統計』は、アメリカの雇用状況を表す最も重要な指標で、年明け一番のメインイベントです

発表される数値が20万人以上であればポジティブサプライズ、逆に10万人以下だと大幅な米ドル安となると予想されます。

    ネガティブサプライズ・ポジティブサプライズ:

    経済指標が予想よりもマイナスな数値であったとき、株価や為替が大幅に下降することをネガティブサプライズ、逆に予想よりもプラスな数値によって大幅に上昇した場合は、ポジティブサプライズといわれる。

まとめ

以上が、1月1週目(1月3日~5日)に注目すべき経済指標です。

今回もアメリカ関連の重要度が高い指標があるので注目です。

なお、発表値が予想と異なった場合は、柔軟な対応で取引を行ってください!

経済指標での攻略はハイローオーストラリア!

今回ご紹介した経済指標は、「ハイローオーストラリア」での攻略がおすすめです。

ハイローオーストラリアには、最短30秒といった短期取引や、ペイアウト2倍のスプレッド取引があります。

ハイローオーストラリア

入出金の対応も素晴らしく、また初回入金には「5,000円のキャッシュバック」がつくのでとにかくおすすめ。

業者選びで迷ったらまずハイローオーストラリアで取引すべきです!

こちらの記事で紹介した業者
ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリアの業者情報

最大ペイアウト2.3倍でとにかく稼げる業者!無料で使えるデモがあるので初心者も安心。出金手数料無料+翌日出金対応はここだけ!今なら最短5分の無料口座開設で5,000円のキャッシュバックが貰える!

経済指標がチェックできる業者!

TRADE200経済指標

バイナリーオプション業者の中には、「トレード200」という経済指標をまとめてくれている業者があります。

しかもこの業者には、ペイアウト2倍の取引があるので、大きく稼げるチャンスです。

経済指標を見ながら取引できるのはトレード200だけ。この際ぜひ利用しましょう!

こちらの記事で紹介した業者
トレード200

TRADE200の業者情報

ペイアウト2倍のRETURN200が稼げる!最低取引額も200円と業界最安値で経済指標を見ながら取引できる唯一の業者!今なら初回入金に3,000円~25,000円のボーナス還元中!

稼ぐために読んでおきたい記事

稼げるバイナリーオプション業者と攻略法

こちらでは、当サイトがおすすめする稼げる業者と攻略法をご紹介しています。

ぜひ業者選びの参考にしてみて下さい!

ハイローオーストラリアの業者情報

ハイローオーストラリアトップ

ハイローオーストラリアとは、運営歴が10年を超える海外バイナリーオプション業者です。この業者の魅力は業界で最も高い最大ペイアウト2.30倍。また出金手数料が無料なのはこの業者だけですよ。

損益合計+1,245,000円

この業者で稼げる攻略法

ザオプションの業者情報

ザオプショントップ

ザオプションとは、2017年に営業を開始した今人気が急上昇中の業者です。ザオプションの魅力は豊富なキャンペーンとキャッシュバック。また独自で開発している分析ツールも魅力のひとつです。

損益合計+542,500円

この業者で稼げる攻略法

ファイブスターズマーケッツの業者情報

ファイブスターズマーケッツは、2013年にサービスを開始した業者です。土日に取引できたり、ここだけのユニークな取引方法やツールがあるため、ファイブスターズマーケッツを選ぶ人も多いです。

損益合計+321,100円

この業者で稼げる情報

ゼン・トレーダーの業者情報

ゼントレーダートップ

ゼン・トレーダーとは、2018年に運営を開始したバイナリーオプション業者です。ゼン・トレーダーでは出金手数料が無料だったり、土日でも取引できたりと、他にはないサービスが魅力の業者です。

損益合計 – 検証中 –

TRADE200の業者情報

トレード200とは、2014年にサービスを開始した海外バイナリーオプション業者です。この業者ではいろいろな決済方法に対応しており、コンビニからでも入金できます。経済指標が見られる唯一の業者。

損益合計+90,500円

ソニックオプションの業者情報

ソニックオプションとは、2014年にサービスを開始した海外バイナリーオプション業者です。この業者は最大ペイアウトが2.02倍と高く、ローソク足を見ながら取引できるのが魅力の業者です。

損益合計+75,000円