バイナリーオプションを始めたいけど・・・
ハイローオーストラリア

1位業者選びで迷ったらハイローオーストラリア!!

初期費用は5,000円!出金は翌日対応!ペイアウト2倍でとにかく稼げる!デモ取引もあるので初心者も安心です。今なら口座開設・初回入金に5,000円のキャッシュバックキャンペーン実施中!!

最新情報・注目記事をピックアップ!
注目記事バイナリーオプションとFXはどっちが稼げる!?違いやメリット・デメリットを比較!!
注目記事ハイローオーストラリアのターボ取引を時間帯別で攻略!!
最新記事バイナリーオプションは『ご祝儀相場』で縁起のいい新年を迎えよう!
キャンペーン20,000円のボーナスが貰える!?ザオプションのお得なキャンペーンまとめ!!

まだ間に合う6月後半の為替予想!経済指標を狙おう

投稿日

6月前半にFOMCやイギリス総選挙など為替が大きく動く政治イベントが多数ありましたが、6月後半にも取引するには狙い目の経済指標や政治イベントが目白押しです。

それぞれの経済指標で相場がどう動くのか予想もしているので取引する際は参考にしてみてください。

今後EURとGBPが大荒れ予感!円高になる可能性大

EUとイギリス

6月8日にイギリス総選挙が行われましたね。結果はメイ首相率いる与党の「保守党」が野党の「労働党」を上回る議席数を獲得して勝利しましたが議席数は過半数割れという形で終わりました。

メイ首相が総選挙を実施すると公表してから市場では「メイ首相の圧勝」というシナリオが期待されていましたが、今回なぜメイ首相が差をつけて勝利できなかったのでしょうか。

その原因は、6月3日にロンドン橋周辺で起こったテロ事件について翌日の6月4日にメイ首相が会見で対テロ戦力の見直しやインターネットの規制を強化するという方針を示しましたが『未然にテロを防ぐことができなかった』として野党や国民から批判を受けていました。その後日の総選挙だったので、今回メイ首相が率いる保守党の議席が過半数割れしたという結果になった可能性が高いといえます。

イギリス総選挙開票途中チャート

上の画像は、イギリス総選挙の時のGBP/JPY(ポンド円)のチャートです。この時に何があったのかというと、投票数が野党率いる「労働党」が上回ってメイ首相の敗北がリスクシナリオとして市場で予想されました。

メイ首相の敗北は、今後のイギリス政治を不安定にさせる不安材料なので結果ポンドが売られ円が買われた動きが分かります。

今後イギリスはEU離脱の交渉に入りますが、今回の総選挙の結果を受けメイ首相にとっては交渉しづらい状況になると言われています。またテロはイギリスだけでなくフランスやイタリアなどヨーロッパ各国でも起こる可能性があるので、EUR/JPY(ユーロ円)でも円高になる恐れがあります。

GBP/JPY(ポンド円)やEUR/JPY(ユーロ円)で取引をされる方は最新のニュースにも目を通しながら取引をすることをおすすめします。

6月後半の経済指標

それでは、6月後半に発表される経済指標を紹介していきます。ポイントとしては、『前回の結果と今回の数値とどれくらい差があったか』という部分に注目しておくと相場の予想がしやすく勝てる可能性がグンとアップするので必ずチェックしておきましょう!

米・四半期経済収支

米・四半期経済収支

前回:-1124.0億ドル予想:-1236.0億ドル結果:発表待ち

発表日時:6月20日(火) 21時30分
影響する通貨:USD(ドル)

経済指標について:輸出入による貿易収支、海外から得た投資や賃金などの収益から海外へ支払った金額を引いた『所得収支』やアメリカへの旅行者など物ではないサービスから入った『サービス収支』対価のない現物補助の経常移転収支の合計額を数値化した指標。

・前回の数値よりも今回の数値が上昇した(マイナスが減った)▶ドル高傾向(USD/JPYで取引する場合Highの方向)
・前回の数値よりも今回の数値が下落(マイナスが増えた)▶ドル安傾向(USD/JPYで取引する場合Lowの方向)

米・中古住宅販売件数

米・中古住宅販売件数

前回:557.0万件予想:555.0万件結果:発表待ち

発表日時:6月21日(水) 23時
影響する通貨:USD(ドル)

経済指標について:中古住宅販売件数は、新築住宅販売件数の数倍もあるので注目度が高く景気変動に対する先行性が他の指標よりも高いため重要度は高め。

・前回の数値よりも結果が上昇▶ドル高傾向(USD/JPYで取引する場合Highの方向)
・前回の数値よりも結果が下降▶ドル安傾向(USD/JPYで取引する場合Lowの方向)

米・新規失業保険申請件数(前週分)

米・新規失業保険申請件数(前週分)

前回:23.7万件予想:24.0万件結果:発表待ち

発表日時:6月22日(木) 21時30分
影響する通貨:USD(ドル)

経済指標について:米・新規失業保険申請件数(前週分)とは、アメリカで失業した人が失業保険給付を初めて申請した件数を数値化したもの。この指標は景気の動きにも敏感に反応するため景気先行指数にも採用されている。

・前回より数値が低い▶ドル高傾向(USD/JPYで取引する場合Highの方向)
・前回よりも数値が高い▶ドル安傾向(USD/JPYで取引する場合Lowの方向)

米・新築住宅販売件数

米新築住宅販売件数

前回:56.9万件予想:59.1万件結果:発表待ち

発表日時:6月23日(金) 21時30分
影響する通貨:USD(ドル)

経済指標について:新築住宅販売件数とは、米国で販売された新築住宅の件数を数値化している指標です。この指標は、将来の住宅建設動向が分かるので今後の景気変動に対して敏感に反応します。数値が前回より上昇していれば、国全体の景気が向上していると判断されてドルが買われやすくなるので分かりやすい相場になるといえます。

・前回よりも数値が高い▶ドル高傾向(USD/JPYで取引する場合Highの方向)
・前回よりも数値が低い▶ドル安傾向(USD/JPYで取引する場合Lowの方向)

独・IFO景況指数

ドイツifo景況感指数

前回:117.9予想:?結果:発表待ち

発表日時:6月26日(月) 17時
影響する通貨:EUR(ユーロ)

経済指標について:IFO景況感指数とは、ドイツ企業を対象に現在のドイツ経済情勢と今後半年間の先行きに対してアンケート調査を実施したものを平均した指数です。

・前回よりも数値が高い▶ユーロ高傾向(EUR/JPYで取引する場合Highの方向)
・前回よりも数値が低い▶ユーロ安傾向(EUR/JPYで取引する場合Lowの方向)

米・CB消費者信頼感指数

米CB消費者信頼感指数

前回:5.3%予想:?結果:発表待ち

発表日時:6月27日(火) 23時
影響する通貨:USD(ドル)

経済指標について:民間調査機関コンファレンスボードが発表する消費者に対するアンケート調査を基礎に消費者のマインドを指数化したもの。

・前回よりも数値が高い▶ドル高傾向(USD/JPYで取引する場合Highの方向)
・前回よりも数値が低い▶ドル安傾向(USD/JPYで取引する場合Lowの方向)

米・中古住宅販売保留件数

米中古住宅販売保留件数

前回:-1.3%予想:?結果:発表待ち

発表日時:6月28日(水) 23時
影響する通貨:USD(ドル)

経済指標について:米中古住宅販売保留件数は、売買契約が済んで引き渡しが済んでいない物件数の指数化したものです。

この指標では、今後の景気拡大や住宅価格の上昇を見込めるため注目度が高い指標です。

・前回よりも数値が高い▶ドル高傾向(USD/JPYで取引する場合Highの方向)
・前回よりも数値が低い▶ドル安傾向(USD/JPYで取引する場合Lowの方向)

米・新規失業保険申請件数

アメリカ新規失業保険申請件数

前回:?予想:?結果:発表待ち

発表日時:6月29日(木) 21時30分
影響する通貨:USD(ドル)

経済指標について:新規失業保険申請件数とは、アメリカで失業した人が初めて失業保険給付を申請した件数で毎週アメリカが発表している指標です。毎週発表されるのでリアルタイムな景気動向が分かります。

・前回よりも数値が高い▶ドル高傾向(USD/JPYで取引する場合Highの方向)
・前回よりも数値が低い▶ドル安傾向(USD/JPYで取引する場合Lowの方向)

米・個人所得(前月比)

アメリカ個人所得

前回:0.4%予想:?結果:発表待ち

発表日時:6月30日(金) 21時30分
影響する通貨:USD(ドル)

経済指標について:個人所得とは、消費を促す最大の決定要因で社会保険料を控除した後の個人が実際に受け取った金額を数値化した指標です。個人支出と同時に発表されます。

・前回よりも数値が高い▶ドル高傾向(USD/JPYで取引する場合Highの方向)
・前回よりも数値が低い▶ドル安傾向(USD/JPYで取引する場合Lowの方向)

6月後半はドルに注目!!

記事の冒頭で説明したように、経済指標が発表される瞬間は最も為替が大きく動くタイミングです。市場予想と結果の幅が大きいほど為替も大きく変動する傾向があるので事前に重要経済指標を知っておくことで利益を狙うチャンスをつかむことができますよ!

逆に、市場の予想と結果の値があまり幅が大きくない場合は為替レートは小ぶりな動きを見せるでしょう。

特に今回紹介した経済指標は変動が大きくみられると予想しているので、ハイローオーストラリアにある「Turboスプレッド」の短期取引で利益を狙ってみてはいかがでしょうか?

HighLow Australia【ハイローオーストラリア】
ハイローオーストラリア

5,000円キャッシュバックで実質タダで始められる!

ハイローオーストラリアは、ペイアウト率が2倍で他の業者よりも稼げるスピードが段違い!今から海外バイナリーオプションをはじめるなら、口コミで評判が良いハイローオーストラリアで決まり!!

  • 詳細を見る
  • 公式サイトへ

最新投稿記事!

バイナリーオプション海外業者比較ランキング!

1位HighLow Australia【ハイローオーストラリア】
ハイローオーストラリア
総合評価初回入金額25 / 25最低取引額23 / 25
95/ 100点5,000円1,000円
稼げるポイント25 / 25便利ツール22 / 25
ペイアウト2倍デモ取引

ペイアウト2倍で取引できる「ハイロースプレッド」や、最短30秒で取引できる「Turbo スプレッド」が一番人気。最低入金額5,000円から始められるの低コスト。また最短翌日での入出金の対応により、海外バイナリーオプション業者の中で「最も信頼できる海外業者」として知られています。

2位theoption【ザオプション】
ザオプション
総合評価初回入金額25/ 25最低取引額25 / 25
92/ 100点5,000円1,000円
稼げるポイント25 / 25便利ツール20 / 25
ペイアウト2倍デスクトップアプリ

ザオプションでは、他の業者にはない『デスクトップアプリ』があります。これはMT4を使わなくてもアプリ内でチャートを表示する事が出来、分析が出来る便利なツールです。また、他のツールを用意しなくて良いという事は初心者も参入しやすい!

3位Five Stars Markets【ファイブスターズマーケッツ】
ファイブスターズマーケッツ
総合評価初回入金額23 / 25最低取引額24 / 25
89/ 100点10,000円500円
稼げるポイント25 / 25便利ツール19 / 25
アップダウン取引インジケーター

FIVE STARS MARKETSのクイック出金では、正午12時までに申請を行えば、当日中に出金の受取が行えます!12時以降でも翌営業日には着金が確認でき、また日本国内の決済会社からの振込なので安心です。

4位TRADE200【トレード200】
TRADE200
総合評価初回入金額16 / 25最低取引額25 / 25
85/ 100点20,000円200円
稼げるポイント23 / 25便利ツール21 / 25
RETURN200経済指標

業界で最も安い200円からの取引が可能!RETURN200では、ペイアウト2倍の取引が行え、低コストでコツコツ稼ぐもあり、一気にハイリターンを狙うもありの業者!また、仮想通貨による入金を初めて開始したことでも有名です。

5位SONIC OPTION【ソニックオプション】
ソニックオプション
総合評価初回入金額16 / 25最低取引額24 / 25
82/ 100点20,000円500円
稼げるポイント25 / 25便利ツール17 / 25
レンジ取引ローソク足

業界で最も高いとされる「ペイアウト2.02倍」で取引ができる!「コンビニ決済」や「ビットコイン決済」にも対応し、初回入金には60%のボーナスもつく!


最も見られている記事ランキング!